女性のわきがで臭い体質で困る、わきがの原因と対処法

 

女性のわきが

 

女性なのにわきが体質で困っていませんか

 

自分でも気づかなかったニオイに、彼氏から突然の「私がにおう」告白でショックを受けました。
いままで誰にも言われなかったし、自分では全然わからなかったので、めちゃくちゃ困って悩んでしまいます。

 

そもそも、どうしてこれまで自分がわきがという自覚がなかったのか、周りから言われなかったのか。
自分なりになんとか治したいと手術などの治療も含めて考えたことありますか?

 

 

女性にもワキガは多いのか

 

ワキガって体質の問題だから、男女関係ないっていうのが結論でした。

 

普通汗臭いとなると、男性が思いっきり汗かいてそのままだったり、普通に売っている制汗剤なんかも使っていないしでクサい人多いですよね。
男性が多く集まる場所や部屋なんかも男子特有の臭いは本当に臭いニオイ。

 

でも、ワキガは汗やほかなんかのにおいとは違ったのものです。

 

 

ワキガはどうして臭いのか?

 

フェロモンの強い汗が脇などにある皮膚の雑菌と反応して、特有のニオイとしてワキガとなります。
日本人などの黄色人種は体臭がそこまで強い人がいないので、フェロモン系のこのニオイは個性として目立ってしまっているのです。

 

ちなみにワキガのニオイは黒人はほぼ10割、白人も8割以上といわれ、黄色人種は逆に2割にも満たないようで遺伝によるものだったのです。

 

 

ワキガ女性の悩み

 

人間関係に積極的になれない

 

人は誰しもコンプレックスをもっているものですが、ニオイとなると外見などとは違った切り口からの目立ってしまう悩みとなってしまいます。
自分に負い目を感じてしまうとなかなか前向きな行動ができないものです。

 

 

自分に自信がなくなる

 

こうしたらみんなから嫌われるのではないか?笑われているのかもしれないなんて不安があるのなら積極的になれません。
負い目を感じないようにほかの自分のメリットを見出し伸ばしていくことが大事なのかもしれません。

 

 

臭いが気になり集中力がなくなる

 

汗をかくくらい必死に頑張るとなると、脇の汗のニオイがネックみたいなことはありますよね。

 

一生懸命やり物事に取り組むとなると、どうしても物事に集中するため自分のことを腋臭なんか後回しにすることもあるでしょう。

 

自分がどう見られているのか、今自分がどういう姿なのかをいちいち気にしていたら肝心の物事に取り組めません。
(なかには、何をやってもサマになる人もいるでしょうが)

 

 

女性特有のワキガの原因と対処法

 

女性ホルモンの影響

 

女性は思春期を経て女性ホルモンがより多く分泌され、より子孫を残すための子供を産める女性らしい働きを外面、内面ともに変化していきます。
このときにアポクリン腺も刺激され、フェロモンを発する独特な汗を発汗するようになるので、自然の摂理ともいえます。

 

さらに、加齢がすすむと女性でもテストテロンという男性ホルモン分泌が増えてきます。これはまさに女性の更年期の特徴で閉経に向けて性欲もあがってくる時期となっています。

 

女性はアラフォーで性欲が一番高くなるのは、この男性ホルモンのおかげとも。

 

しかも、男性ホルモンが増えてくると男性特有の加齢臭というのも増えてきます。
本来のワキガである汗のニオイと加齢臭が混ざるので、一段とニオイが増してくるのです。

 

 

客観的なニオイのチェックを心がける

 

女性はライフサイクルで体の変化とともにニオイの変化が男性にくらべて著しく変わってきます。
なので、場面ごとに変わってくるニオイに対して対応していくというのがベターな方法でしょう。

 

特に汗のニオイが気になるから、汗を全く出ないようにするのは生理的にムリがありますので、体調をうかがいながらよい対策方法を試していくしかないのかも知れませんね。