子供にわきがの遺伝が怖い、どれくらいの確率と対策方法はあるのか?

わきがの遺伝が怖い

 

子供にわきがの遺伝が怖い、どれくらいの確率と対策方法はあるのか?

 

遺伝では子供に遺伝しやすい「優勢遺伝」とされにくい「劣勢遺伝」があります。
アポクリン汗腺の数や大きさ、そしてどれぐらい活発なのかが焦点となります。

 

例えば、両親が二重の場合は75%、片親のみが二重の場合は50%の確率で子供が二重となる優勢遺伝というものがあり、
残念ながら、わきが体質も優勢遺伝の一つとされています。

 

なので両親がどうだったかを調べてみる必要がありますが100%というわけではありません。

 

逆に両親が「わきが」でなくとも、悪い生活習慣、毎日のストレスなどが要因で多汗症となり後天的に「臭い」が発症する可能性もあるのです。

 

 

子供が「わきが」だとわかる時期について

 

男女によってわかる時期が異なります。
というのも第二次成長期の違いで、一般的に男の子なら9歳〜13歳、女の子だと7歳〜12歳から、「わきが」の原因となるアポクリン汗腺が成長してくるとされています。

 

 

子供に「わきがが遺伝」母親としてどうすればいいのか?

 

思春期に子供の耳垢が湿ってきて、やがて「わきが」が判明というのも、親としても子供自身もつらいことです。
しかし、キチンと親としてどうしたらいいのかを考えて子供に対して対策を教育していくことが大事。

 

ときには心もそうですが、汗のケアのためにも皮膚や美容の専門クリニックでのカウンセリングや手術も必要となる場面も必要でしょう。

 

 

1.わきがをこれから向き合っていく為に正しい知識とケアの仕方を学ぶ
アポクリン汗腺のメカニズム、どうやったら軽減できるのかを体質を見極めて、腋臭をケアし効果のある習慣を考えていきましょう。

 

2.腋臭のニオイが悪化しないように、生活習慣の改善を心がける。
好き嫌いや食習慣、そして毎日の生活習慣によってもアポクリンの汗の分泌も変わり、わきがの程度は変わってきます。
また専用のクリームなどデオドラントの習慣付けや、ひどい場合には病院などで相談するのも一つの方法となってくるでしょう。

 

子供の将来のためにも、真剣に向き合って前向きにとらえていけるよう治療の努力をしていきましょう。